未来マッピング〜あなたの中に眠る未来に気づくカウンセリング〜

ibマッピングワークショップのご感想をありがとうございます。

お立ちよりくださりありがとうございます。
お盆はいかがお過ごしでしょうか?


先日、初のテーマでワークショップを開催しました。

f0290197_21265954.jpg


ibマッピングワークショップ
日常を遊園地のように楽しもう〜祖母の認知症から学んだこと〜にご参加ありがとうございます。

ibマッピングな日常が、心地いい毎日をつくります♡伝わったらとっても嬉しい!

9/29も同じテーマで開催予定です。

他にも、様々なテーマのワークショップが揃っています。

是非ご覧ください。→NMC企画   ibマッピングワークショップ

f0290197_2127267.jpg


上記の写真は、講座後のランチで自撮りしました〜♪

いただいたご感想を、いくつか掲載致します。


(ここから。)

・認知症の方のお話をきくのは、マッピングでお話をきくのに通じるということが、なるほどと思いました。
説得・指導はしない!なんですね。ありがとうございました。


(晴-haru-談)そうなんです。マッピングのある日常は、心地いい日常を呼び込みます。


・頭、心の中にあることを出すのはやっぱりいいな、というか、定期的に必要だなーと。
認知症の人にマッピングしてもよい結果が実感としてあるなら、もっと広がるといいなー、マッピング。


(晴-haru-談)定期的にされるといいですね。なかなかご自分でできないときは、ワークショップをどうぞご活用ください。
1ヶ月に1回、マッピングを生活に取り入れるだけでも、続けることでマッピングな日常になっていきますよ。


・認知症になりかけた母がいたので、イメージがわきました。
マッピングでコミュニケ—ションがとれるとお互いに楽になりますね。
体験談も多く、今後の参考にしていきたいです。


(晴-haru-)イメージができると不安が減りますね。
「話す」時間を相手に与えるマッピングは、安心な場づくりに貢献します。
これからもどうぞご活用ください。


・今回、連続講座の第1回目だし、そして今日なら参加できるので参加しました。
認知症がわかっているようでわからない事でしたので、少しでもふれてよかったです。
隣の方と共通のことがでて、おお!!と思いました。


(晴-haru-談)認知症とはどんなものか、知るきっかけとなりましたね。
いたずらにこわがる必要はなく、日常の延長なので、それをどう捉えていくか,ぜひマッピングで鍛えておきましょう。


(ここまで。)

ご感想をありがとうございます!

わたしは医療従事者でも介護職でもありません。

ですが、ibマッピングの在り方が、
健やかな日常を得ることに貢献することを実感しています。

参加者の皆様のお声をききながら、
自身の体験を、ibマッピングを活用した視点で、

今後も、できる限りお話していきたいと思います。


お読み下さりありがとうございます。

感謝をこめて。


晴-haru-こと、長濱晴子
[PR]
by childcute | 2015-08-15 17:56 | ワークショップご感想
<< NMC企画!第2陣ibマッピン... ibマッピングWS「日常を遊園... >>



未来マッピングは、知らないでいたじぶんに気づき、心地いい時間を過ごすためのきっかけを提供します。あなたの毎日が、活き活きと輝きはじめます。

by 長濱 晴子(晴-haru-)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
検索
Skypeボタン
外部リンク
記事ランキング
画像一覧
最新の記事
その他のジャンル